大学病院並みの「最新医療機器」と専門医による「最高の医療」

呼吸器内科|気管支喘息の治療

気管支喘息の特徴

気管支喘息(以下、喘息)は、主に、空気中に浮遊している様々な異物(ハウスダスト、花粉など)を、呼吸運動とともに吸入した結果生じる、アレルギー性の気管支の炎症が原因となって生じる病気です。このアレルギー性の炎症は、その方の体質に由来するもので、いったん発生すると完全に消失することはないことが判明しています。このアレルギー性の炎症がひどくなると、空気の通り道である気管支が通常より狭くなって症状が出ますが、自然に、または治療によりその狭窄が軽くなると症状が無くなります。
喘息の症状は突然、咳・呼吸困難・喘鳴(ゼーゼーいう)が生じることです。
症状の特徴は、

  • 一日のうち調子のよい時間と調子の悪い時間がある(日内変動と言います)
  • 健康な人だと問題にならない程度の刺激、例えば、線香の煙、エアコンの冷風、煙草の煙などで、せき込んだり、息苦しくなるといった症状がでます。
    (気道の過敏性の亢進と言います)
  • いったん症状が消失したから安心して無治療でいると、何かの刺激(多くは風邪などの上気道の感染症)を引き金にして症状が再発してきます。困ったことに、喘息の症状が出るたびに薬が効きにくくなる傾向があります。
  • 無治療または不完全な治療でコントロール不十分であると、気管支のアレルギー性炎症が持続するため、リモデリング現象という元に戻らない変化が気管支に生じてきます。この現象が生じることが、喘息の発作が長引いて薬が効かなくなる原因であることが判明しています。

喘息は、一時的な病気ではなく、高血圧症や糖尿病と同じ慢性の病気なので継続的に治療することが大切です。

急に喘息の発作が起こったら

喘息の発作を急におこさないようにする治療が最も大切ですが、もし、急に喘息の発作が起ったら、落ち着いて発作時の指示を書いたカードを読んで、そのとおりに薬を使用してください。当院の患者さんには、喘息の発作が生じたときに使用する薬剤(吸入で使う気管支拡張薬、吸入の効果が不十分な場合の内服薬)の使い方の基準を記入したカードをお渡ししていますのでそれに従って薬を使用してください。

喘息の治療について

以前の喘息の治療は、症状が出たときだけ行っていました。当時、喘息は、正常な気管支が、突然、狭窄を起こす病気と考えられていたからです。
その後、原因についての研究が進み、喘息の患者さんの気管支には、100%アレルギー性の炎症が存在し、このアレルギー性の炎症は、患者さんが無症状のときも軽度ながら持続していることが判明しました。
突然起こる気管支の狭窄は、アレルギー性の炎症が悪化した時生じること、気管支の狭窄を防止するためには、常にアレルギー性の炎症をコントロールすることが必要なことが判明した結果、現在の喘息の治療は、以前と大きく考え方が変わり、症状がない時でも継続的に行うこととなりました。
現在、アレルギー性の気管支の炎症に最も効果のある治療薬として、吸入ステロイドがあり、これを主軸として治療計画が組み立てられるようになっています。
また最近は、重症の喘息に対するまったく新しい治療法として、アレルギーの原因となっている抗体を中和する治療薬が開発されており、当院でも導入しています。

診療時間変更のお知らせ

こんにちは、院長の石田です。
気温の変化が大きく、体調を崩しやすい状況ですので体調管理にお気を付け下さい。
さて、様々な理由から、2017年6月1日より、平日(月/火/木/金)午後の診療時間を、
現在の19:00終了から18:00終了に変更することとなりました。
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
これからも、当クリニックは、呼吸器疾患専門のクリニックとして、皆様のお役にたちたいと考えておりますので、
よろしくお願い申し上げます。
                                                         2017年4月8日

受付時間のご案内
初診の方・予約外の臨時受診の方へ
こんにちは。新百合ヶ丘石田クリニック院長の石田です。
諸般の事情により、2016年1月から初診患者様は、成人及び6歳以上の小児の方とさせていただきます。なにとぞご理解の程よろしくお願い申し上げます。
【初診の受付】
午前:8時半~10時(2診体制の土曜:8時半~11時)
午後:15時~16時(土曜:14時~15時)
※小児の診察は6歳以上とさせて頂きます。
ご来院の前にお電話でご連絡ください
■初診の方は問診票をダウンロードする事も可能です。ご記入の上、受付にお持ち下さい。
問診票はこちらからダウンロードしてください。
【予約外の受付】
○診療予定日前に予約外診療を希望される方。
○予約日を過ぎて1か月以内の方。
○前回受診されて3か月以内の方。
上記のいずれかの方は、
平日:8時半~11時 15時~17時
土曜:8時半~10時(2診体制の土曜:8時半~11時) 14時~15時半
まで受付致します。

上記以外の方で予約外受診を希望される場合の受付時間は
午前:8時半~10時(2診体制の土曜:8時半~11時)
午後:15時~16時(土曜:14時~15時)

ご来院の前にお電話でご連絡ください
なお、水曜日は当分の間、予約のみの診療とさせていただきます。
なにとぞ、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
【禁煙外来受診をご希望の方へ】
禁煙外来においては、初回の説明に時間の余裕が必要である為、
診療状況によりましては、受診当日から治療開始ができない場合があります。
大変お手数ですが、お電話にてご確認の上で受診をお願い致します。
最新情報
  • 11月の2診体制の土曜日は11日と18日です。なお、24日(金)は半田先生はお休みで院長のみの診察となります。
  • 10月の2診体制の土曜日は7日、21日になります